英語学習は学齢を考慮して、目的を明確化する
近年、小学生を対象とした英語教室が氾濫しています。 しかし、そのほとんどは英会話を主体にし、いわゆる受験英語とはかけ離れた授業を展開しています。 英会話のみを学習した生徒は、中学入学後、一種のカルチャー・ギャップを体験することになります。 確かに、受験でリスニングが導入されるなど、かつての受験英語とは変化していますが、今でも、こと受験に関しては 「読み・書き」を中心とした英語が主流であることに変わりありません。 また、英会話をある程度こなせても高校入試で得点に結び付かないことは周知の事実です。 一方、総合学習の一環として、小学校で外国(特に英語圏)文化の学習や語学としての英語学習を開始する動きもあります。

ベリタスは、小学校低学年の児童にとっての英語は楽しくあるべきだと考えます。 そして、発音に関して言えば、幼児期~小学校低学年における英会話学習の効果は抜群だと考えます。 ですから、勉強として英会話を学習する必要はありません。本物の発音を将来のために身に付けられれば十分だと考えています。 では、小学校中学年(3・4年生)の英語学習はどうあるべきでしょうか? アルファベットとローマ字、簡単な英単語を書けるようにしておくことをお薦めします。 この時期になると、鉛筆で文字を書くのも慣れてくる時期で、充分に英語を書かせても良いと思われるからです。 また、これらの学習を通して、文字とそれまでに身に付けた発音が結びつきます。 と同時に、語学としての英語だけでなく、英語圏の文化に触れ、自国の文化との違いを理解し、多様な価値観を吸収できる良い時期ですので、 そのような学習も取り入れるべきだと考えます。 小学5・6年生になると、国語でも主語・述語・修飾語を学習する等、英語を文法的に学習する準備が整ってきます。 そうなれば、中学受験をする等の事情がなければ、書く英語の学習を出来るだけ早く始めるに越したことはありません。 小学校を卒業するまでに、中学1年生の半分ほどを確実(読める・理解できるのレベルではなく、書けるのレベルで)に終えておけば、 中学1年1学期の成績はほとんどの場合“5”です。その後、2学期にも“5”を維持する生徒は5割弱で、3学期には、3割へと下降しますが、 “3”にまで下がる生徒は滅多にいません。つまり、小学生の内に、中学1年生の半分を確実に完成した生徒は、 中学校では“4”以上が保証されるわけです。



講座案内に戻る

このウィンドウを閉じる

ページの上部へ