大手個別指導専門塾の弱点を克服した、画期的な個別授業
個別指導は、生徒一人ひとりのニーズに完全に合わせた授業を受けられることに、最も大きなメリットがあります。 超難関校受験対策・大手予備校の授業の予習復習・不得意科目の克服・志望校直前対策・内部進学対策など、 一般のクラス授業では十分に応えることのできないあらゆる需要に応えることができます。
しかし、一般(大手フランチャイズ)の個別指導専門塾の場合、専業の社員講師は室長のみ(場合によっては、2教室掛持ち)で、 実際の授業は全て経験の浅い大学生講師に任せている場合がほとんどです。大学生講師は、生徒と年齢が近いのはメリットですが、 経験の浅さ故、生徒のニーズに完全に合わせようとし、「生徒に引きずられた」場当たり的な指導になってしまう場合もあります。 また、社員講師が決めたカリキュラムを真面目に遂行しようとするあまり、その時々の生徒の理解度に応じて緩急をつけたり、 臨機応変に対応できないため、個別指導の利点を活かしきれていない場合が多く見受けられます。
ベリタスの完全個別授業では、ご両親を交えた入塾時の面談で達成目標を定めたら、通常のカリキュラムを土台にしたうえで、 生徒一人ひとりに合わせて、スケジュールや学習内容および使用教材を決定します。 学院長・室長もしくは個別授業担当者が実際に授業を行い、都度、理解度・進度等をチェックしながら授業を進めていきます。 このようなシステムの下で、はじめて個別指導は機能を十分に発揮し、生徒一人ひとりのニーズに十分応えることができるのです。

講師の質が自慢です
個人指導専門塾や個人指導コースの最大の問題点は、講師の質にあります。 大手フランチャイズの個別指導は、ほぼ例外なく学生バイトの教師が主体です。 学生バイトの中には、指導に熱心で成果を上げている者もいますが、一方で指導はアルバイトと割り切り、あまり熱心でない者もいます。 そのために、指導の質に大きなムラが生ずることに問題があります。 (又、某大手個人指導塾の研修マニュアルをご覧になると判りますが、生徒のためと言うより会社の利益のための記述ばかりが目立ちます。) ベリタスの個別授業は、基本的には、塾講師を専業としている社員(学院長・室長・個別指導責任者)が担当します。 また、スタンダードコースの一部で、ベリタスのメソードに慣れた卒業生も担当しますが、 その場合でも、カリキュラムの作成・授業方法の選択・テキストの選定はベテラン講師が行い、 授業中でもベテラン講師と意思疎通が可能な環境を構築しております。また、研修を通じて常に個別授業担当者をサポートすることによって、 質の高い個別授業を維持し続けることに成功しました。



講座案内に戻る

このウィンドウを閉じる

ページの上部へ